FC2ブログ

記事一覧

ロンドン日記~試合→2日目終了~

さて今回のツアーの成功と失敗の分水嶺となる試合です。
選手たちはアルテタに初勝利を捧げるととにかく気合が入っていたように思います。
試合全体を通してですが、特にラカゼットの気合が半端じゃなかったように思います。

試合序盤はややユナイテッドがボールを持ち陣内に入っていく展開。
とは言えフィニッシュ近くの精度がさっぱりだったのでアーセナルディフェンスレベルでも難なくいなしていました。

アーセナルの方は左サイドをオーバとコラシナツのコンビネーション、
ペペの右サイドは独力でこじ開けるという左右バリエーションに富む攻め。
今でこそおなじみのアルテタビルドアップ※を駆使して攻め込んでいました。

※アルテタビルドアップとは
 普段は4-2-3-1ですが、
 攻撃時のみ右サイドバックのメイトランド=ナイルズを右センターハーフに持っていき、
 左センターハーフのジャカを左サイドバックの位置に下げ、左サイドバックの
 コラシナツを左サイドハーフの位置まで上げることで4-2-3-1のフォーメーションを
 疑似的に3-2-3-2のように変更することです。
 狙いはというと、右サイドバックに向いてないナイルズの動きを本来の位置であるCHに
 持っていくことで良くし、ビルドアップに苦労していたジャカをCBに下げてビルドアップが
 容易にできるスペースを空け、守備に難のあるコラシナツの攻撃力を最大限生かすという、
 各選手の欠点を隠し、長所が活かせるような戦略を組み立てることです。
 これを見た瞬間エメリとの決定的な違いが見えましたね…
 今のところの欠点はトレイラの守備力ありきのフォーメーションなこと。トレイラいなければ終わります。

アーセナルの先制点はこの可変フォーメーションを活かしたオーバメヤンとコラシナツの突破からでした。
コラシナツとオーバメヤンの突破→ラカゼットへのパス→ラカゼットのクロスのこぼれ球をペペが押し込む。
いい攻撃だったと思います。

それからは静かな展開だったんですが、チーム全体のハードワークもありある程度優位に進めていたと思います。

追加点のソクラティスについてはペペのコーナーキックから。
ペペのコーナーキックは本当にチャンスにつながる可能性が高いんですよね。
このゴールもニアへの速いボールからこぼれたボールをソクラティスが押し込むといういいコーナーキックでした。
守備が拙いのは仕方ないので、これからも60~70分までバテてもいいから全開で使う使い方してほしいと思います。
チームの動きさえ覚えたら最近は出色の個人技を見せ始めていますので…

後半は最近のいつものアーセナルでした。前半飛ばしまくって後半ガス欠。
ただこの日はユナイテッドの余りの決定力のなさにレノもほとんど仕事がありませんでした。
力尽きるまで前線でプレッシングしたラカゼット、コンスタントに相手にプレスし続けたエジル、
神がかった最終ラインストップを見せるルイスなどとてもいいものを見れました。
ペペも自分なりに努力してるのは見えるしオーバメヤンも献身的なキーパーチャージを見せていました。
試合は危なげなく2-0でアーセナル勝利。やったね!

終わった後は皆さんでビールで乾杯。おいしかったです。
普通に俺写ってるけど写真出してまえ。
ENOruPWUYAAXJ5s.jpg

で、時系列的にはその前かな?スタンドでもみんなで勝利祝い!ということで写真。
こっちにも俺写ってますがもう気にしない方針で行きます。
content_28215416f86fddb60389fe9b9dd3ccf0256509fd.jpg

ちなみに画像は猿さんブログから拝借しました。

終了後は余韻もそこそこにホテルへ。同行者と勝ったで~としみじみと悦に入っていたんですが、
やっぱり疲れてたのでシャワー浴びたら速攻寝てしまいました。
これで2日目おしまい。
スポンサーサイト



コメント

ブログ拝見させていただきました。また、訪問させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratty

Author:ratty
昔は主にドラクエのRTAやってましたが今はQMAばっかやってます。
メールは
ratty_dqあっとまーくyahoo.co.jp
まで。
勿論あっとまーくは直してください。

カウンター

ブロとも申請フォーム